プレマリンは市販されてないの? 他の薬との相性は?

プレマリンは市販してる?市販薬との併用はOK?

プレマリンは市販薬として売られていない? それ以外の市販薬との相性は?

プレマリンは市販薬として販売することはできません。もしも購入したいのであればどうすればいいでしょうか?

 

プレマリンは法律で市販を禁じられている


プレマリンは市販薬として売ることはできません。それは「プレマリンを市販薬として売ってはならない」と法律で定められているからです。なので、市販薬として流通することはありません。

 

なので、売っていたとしてもそれは法律を破って販売している可能性が高いです。

 

プレマリンを市販薬として売っていることは許可されていない以上、それを売っているような店は信用のおけない店です。法律を知らないにしても、知った上で販売しているにしてもなんらかのトラブルの原因になる可能性は高いです。プレマリンさえ買わなければ平気という訳にはいきません。そんなお店の常連は決して安全な人たちだとは言えません。近づかない方が身の為でしょう。

 

プレマリンを売っていいのは都道府県知事に許しを得たごく一部の業者に限定されています。さらに、卸先は医療関係のみですから一般のお店のましてや店頭に並ぶことはありえないのです。

 

プレマリンが欲しければ、病院で診察を受けて処方を受けるのが確実です。本物を安全に手に入れることができますし、薬をもらう以外にも治療やアドバイスを受ける事ができるでしょう。

 

しかし、忙しいのに病院に行っていられないという人も多いでしょう。プレマリンさえ手に入ればいいと考えているのであれば、いちいち診察費や交通費がかかってしまうのも悩みの種です。このような費用をカットして市販薬感覚でプレマリンを入手する方法があります。

 

プレマリンを手軽に入手したいのであれば個人輸入代行

 

個人輸入を利用すれば、手軽にプレマリンを購入することができます。個人輸入であれば日本国内に一般流通していない薬品もお手頃価格で購入できます。ネット通販を利用している機会の多い方は既に個人輸入代行を知っている方もいるはずです。

 

通院せずともプレマリンをネットで買い物をするように購入できますから、交通費・診察費といった無駄な費用を削減できます。病院に行く為に休みを取ったりする必要もないので忙しい方にもおすすめです。

 

とはいえ、はじめて個人輸入を知った方からすれば、どうすればいいのかよくわからないでしょう。そこで、どちらの個人輸入代行業者を使えばお得なのかランキング形式でまとめましたのでご覧ください。

 

※プレマリンジェネリック 0.625mg 1錠あたりの価格

 

  1錠価格 ショップ 詳細
15円(最安値!) オオサカ堂 詳細
46円 ジェネリックドラッグ 詳細
48円 TOP 詳細

 

プレマリンは市販薬と一緒に使っても平気?

 

プレマリンは通院をしない場合でも、個人輸入代行を利用すれば手に入ります。しかし、そうなると本来病院で考えてくれた市販薬との飲み合わせを自分でチェックしなければなりません。そこで、代表的な市販薬との飲み合わせ相性を確認していこうと思います。

 

NSAIDs(解熱鎮痛剤)との併用


NSAIDsは解熱鎮痛剤の一種で有名なものでは「ロキソニン」や「ボルタレン」があります。長期間の服用で胃への負担が大きくなり、胃炎を起こしてしまうことがあります。

 

そしてプレマリンは吐き気の副作用を持っています。

 

プレマリン単体の使用であれば、吐き気は飲みはじめに出やすい傾向ですから、我慢していればいずれでなくなってしまうことも多いです。ですが、NSAIDsで胃炎を起こしている時にこの吐き気が重なってしまうと厄介です。胃への負担はさらに大きくなってしまう可能性が高いでしょう。なのでプレマリンの吐き気が収まるまでは併用はやめておいた方がいいでしょう。

 

胃腸薬との併用


ひとくちに胃腸薬といっても胃薬にはさまざまな種類があります。

 

  • 胃の働きを助ける(健胃消化薬・健胃薬)
  • 胃酸分泌を抑制する(H2ブロッカー)
  • 胃酸そのものを中和する
  • 胃粘膜を保護する
  • 胃の筋肉のけいれんによる痛みを緩和する
  • 消化酵素を含みで消化を助ける
  • 上記さまざまな症状に対応できる総合胃腸薬

 

胃腸薬はプレマリンの副作用の一つである吐き気を治療できる効果を持っていますから、飲み合わせはいいと言えます。

 

プレマリンの服用で食欲不振や吐き気などの副作用が出た時は

 

食欲不振 … 胃の働きを助ける(健胃消化薬・健胃薬)
吐き気 … さまざまな症状に対応できる総合胃腸薬

 

といったかたちで、ケースによって様々な種類を適用しましょう。

 

プレマリンは胃腸薬との相性がいいです。プレマリンの副作用が出た時に役立てましょう。

 

風邪薬・花粉症薬との併用


風邪薬・花粉症薬はプレマリンと副作用が重複してしまうことはありませんし、逆に副作用を治療する効果もありません。

 

お互いに特に干渉することはありませんから、飲み合わせに問題はありませんので、併用しても大丈夫です。

 

プレマリンはこういう薬


プレマリンの概要を確認すると主な成分は卵胞ホルモンを配合している天然ホルモンの結合型エストロゲン錠で、卵胞ホルモンは女性特有の更年期障害などの女性ホルモンが急激に低下する症状のときに、卵胞ホルモンを補って症状を緩和させます。

 

最近では女性化を促す薬としても知られていますが、長期間服用すると子宮がんを発症する確立が高まるともいわれています。

 

プレマリンは卵胞ホルモン(エストロゲン)の成分が配合されている薬で、エストロゲンはコレステロールから合成されるステロイドホルモンの一種で女性だと卵巣と胎盤で多くが分泌されています。エストロゲンの分解は肝臓で行われて経口投与だと殆どは肝臓に吸収されて分解されます。そこでプレマリンのエストロゲンは経口投与でも体内で簡単に分解されないエストロゲン誘導体を使っています。

 

主に、更年期障害や卵巣欠落症状、卵巣機能不全症に機能性子宮出血、膣炎の症状の改善や調整を目的に処方されることが多いです。

 

服用するときの注意として他の薬物との併用です。作用を下げる薬物は血糖降下薬のグリベンクラミドにグリクラジド、アセトヘキサミドなどがあります。作用を強化さる可能性があるのがイプリフラボンなどです。併用して飲むときには医師に指示のもと飲むことが大切です。

ホーム RSS購読
http://www.sailingcentral.info/ http://www.elfekhar.info/ http://www.proxygratuit.biz/ http://gabon-lapressecrite.net/